自筆証書遺言作成サポート

自分で遺言書を書いてみたけど、これって法的に大丈夫なのか心配・・・
せっかく書いたのに、かえって争いの元になってしまったら、どうしよう・・・
こんな不安はありませんか。

このような方のために、弊所において、法的に有効な自筆証書遺言作成のお手伝いをいたします。
自筆証書遺言は遺言者自身が全文(添付する財産目録はPC作成可となりました)を手書きしなければいけません。したがって、当職が自筆証書遺言の作成をお願いされた場合、文案の提案・作成することはできても、代わりに書くことはできない事をご了承願います。

法務局で遺言書を保管してくれる制度がもうすぐ始まります

民法の相続に関する規定(相続法)の改正に伴って「法務局における遺言書の保管等に関する法律(遺言書保管法)」が成立し、自筆証書遺言を法務局で保管してくれる制度が新設されます。施行時期は20年7月10日ですので、まだ少し先ですが、活用されるようになると自筆証書遺言が、今よりも便利になるかもしれません。

料金

内容基本料金備考
自筆証書遺言作成サポート50,000円+実費遺言書に記載する相続人が4名を超える場合に1名ごとに5,000円が加算
  • 報酬は税抜き表示です。法定の消費税を乗じてご請求申し上げます。
  • 上記料金とは別に、実費が必要となります。
実費とは?
ご自身で取寄せした場合でも、当事務所にご依頼いただいた場合にも同じようにかかる費用です。
具体的には、主に、証明書交付手数料や郵便料金などです。

内容

  • 遺言内容についてのご相談やご質問を承ります。
  • 戸籍謄本、固定資産税評価証明証、登記簿謄本等の取得代行
  • 自筆証書遺言文案の作成
  • 書き上がった遺言の最終チェック

手続きの流れ

必要書類の収集

遺言書に記載する財産を特定するために必要な資料を収集し、また必要に応じて相続人の調査を行います。
必要書類を当事務所で収集する場合には、別途実費が必要になります。必要となる代表的な書類は以下の通りです。

  • 遺言者の相続人がわかる戸籍謄本等
  • 受遺者の住民票
  • 財産のわかる資料
    ・登記事項証明書、固定資産税評価証明書等
    ・金融資産の資料等

遺言書の文案の作成

当事務所でお客様の要望に即した遺言書の文案を作成します。作成した遺言書の文案について丁寧にご説明しますので、お考えの通り間違えのない内容であるかをご確認していただきます。

お客様が文案を自書して押印

遺言書の文案に納得されたら、文案を見ながらご自身で全文を自書して押印します。

遺言書の最終チェック

最後にお客様と一緒に遺言書の内容をチェックします。