不動産名義変更サービス

相続人間で遺産分割協議が確定しますと、被相続人の財産について、各相続人へ名義を変更します。
名義変更が必要なものには不動産、預貯金、上場株式などがあります。

不動産の場合

遺産分割協議で自分が相続する事が決まったとしても、何もしなければ登記上の名義は変わりません。
面倒だからといって名義変更せずにそのままにしておくと、万が一トラブルになった時に、第三者に対抗することができません。
特に不動産の相続は放置すればするほど複雑になり、子孫に大変な思いをさせる可能性があるという事を心に留めておいて下さい。
何世代の前から放置されていた場合は、特に大変です。ご存命の方も少ないでしょうし、話し合いもできません。つきあいの希薄な関係者がどんどん増えていきます。
また相続人の皆がご近所さんなら幸いですが、数が増えれば増えるほど、遠方に居住する人が増える可能性もあり、押印をもらう事も大変になります。
このように、何もせずに放置していると手続きがどんどん複雑化していきます。
後世に憂いを残さない為にも、相続が発生したら早い段階で手続きをする事をおすすめします。

必要書類

登記には、遺産分割が確定したことの確認できる書類が必要になります。

  • 遺産分割協議書又は遺言書
  • 被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本
  • 対象不動産を取得する相続人の住民票
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続関係説明図

ご依頼時に以下の書類をご用意いただけると、費用の見積もりが可能です。(お手許になければ、ご依頼後こちらで調査いたします)

  • 固定資産税評価証明書または固定資産税納付通知書

費用

不動産登記の登録免許税は、不動産の評価証明書の価格に税率0.4%(4/1000)をかけたものです。
そのため固定資産税評価証明書か固定資産税納付通知書があれば、登録免許税はすぐに算出できます。【例】不動産評価額1,500万でしたら6万円

  • 登録免許税(固定資産税評価額の0.4%)
  • 司法書士への報酬(4万円位)+消費税
  • 証明書取得代(数千円位)

 預貯金や上場株式の場合

財産が預貯金や上場株式であれば、「遺産分割協議書」か「遺言書」又は相続人全員の合意による「相続関係届出書(名称は各金融機関によって異なります)」によって誰が相続するかを確定させ、その相続人の口座への振替や移管手続きを行います。

手続きの書類は、各金融機関によって所定の様式が異なりますので、こちらでそれぞれの用紙を取り寄せて申請いたします。

 必要書類

  • 遺産分割協議書又は遺言書、相続関係届出書など
  • 被相続人や相続人の戸籍謄本等
  • 相続人全員の印鑑証明書