• 被相続人死亡

  1. 死亡届の提出

    死亡届は、7日以内に死亡診断書を添付して被相続人の住所地の市町村役場に提出します。
    この届をしないと、火葬や埋葬の許可が出ません。

  2. 遺言書の有無を確認…重要!

    遺言書があれば、被相続人の住所地の家庭裁判所で検認を受けた後、開封します。提出しなかったり、勝手に開封すると5万円の過料の制裁を受けます。
    公正証書遺言の場合は検認の必要がありません。
    遺産分割協議が終わってから、遺言書が見つかったりすると内容によっては協議をやり直すことにもなりかねませんので、必ずよく確認して下さい!

  3. 法定相続人の確定

    被相続人・相続人の本籍地から除籍謄本や戸籍謄本、住民票などを取り寄せます。
    ・被相続人の出生から時からの除籍謄本ないし改正原戸籍謄本から始まって、亡くなった時の本籍地の除籍謄本まで
    ・相続人全員の戸籍謄本と住民票

  4. 相続財産・負債の把握と評価

    相続の方法を決めます。(そのまま相続するか放棄するか?) 
    財産評価の仕方

  5. 相続の放棄または限定承認の申述

    被相続人の住所地の家庭裁判所に申述します。
              相続の放棄、限定承認についてはこちら
    ここまでが相続開始から3ヵ月以内

  6. 準確定申告

    被相続人が死亡した日までの所得税を被相続人の住所地の税務署に申告します。
    (1月1日から死亡日までの被相続人の所得税について、相続人全員の連名で確定申告)
    ここまでが相続開始から4ヵ月以内

  7. 遺産分割協議書の作成

    相続人全員の実印と印鑑証明が必要となります。

  8. 相続税の申告と納税

    被相続人の死亡したときの住所地の税務署に申告・納税します。
    ここまでが相続開始から10ヵ月以内