相続人間で遺産分割協議が確定しますと、被相続人の財産について、各相続人へ名義を変更します。
名義変更が必要なものには不動産、預貯金、上場株式などがあります。


不動産の場合

遺産分割協議で自分が相続する事が決まったとしても、何もしなければ登記上の名義は被相続人のままです。面倒だからといって名義変更せずにそのままにしておくと、後々トラブルにもなりかねませんので注意が必要です。
これをご自分の名義に変えるには名義変更の登記手続きが必要になります。


必要書類

登記には、遺産分割が確定したことの確認できる書類が必要になります。

  • 遺産分割協議書又は遺言書
  • 被相続人や相続人の戸籍謄本等
  • 相続人全員の印鑑証明書

  • ご依頼時に以下の書類をご用意いただけると、費用の見積もりが可能です。(お手許になければ、ご依頼後こちらで調査いたします)

  • 不動産の権利証または登記識別情報
  • 固定資産税評価証明書または固定資産税納付通知書

費用

不動産登記の登録免許税は、不動産の評価証明書の価格に税率4/1000をかけたものです。
そのため固定資産税評価証明書か固定資産税納付通知書がなければ、登録免許税がいくらになるかは、わかりません。お問い合わせ頂いても、それらの書類を取得して調査してからでなければ、お答えできません。

課税価格
(固定資産評価額)
登録免許税
(課税価格×4/1000)
500万円の場合 20,000円
1,000万円の場合 35,000円
3,000万円の場合 120,000円
5,000万円の場合 200,000円
1億円の場合 400,000円

相続登記にかかる費用は

  • 登録免許税(登記の際に法務局へ支払う税金ですので、ご自分で手続された場合でも同額がかかるものです。)
  • 司法書士への報酬
  • 証明書取得代

で決まります。

登録免許税がはっきりすれば、提携の司法書士が事前にお見積り可能です。


 預貯金や上場株式の場合

 

財産が預貯金や上場株式であれば、「遺産分割協議書」か「遺言書」又は相続人全員の合意による「相続関係届出書(名称は各金融機関によって異なります)」によって誰が相続するかを確定させ、その相続人の口座への振替や移管手続きを行います。

手続きの書類は、各金融機関によって所定の様式が異なりますので、こちらでそれぞれの用紙を取り寄せて申請いたします。


 必要書類

  • 遺産分割協議書又は遺言書、相続関係届出書など
  • 被相続人や相続人の戸籍謄本等
  • 相続人全員の印鑑証明書