自筆証書遺言と公正証書遺言の違いをご存じですか?

自筆証書遺言とは

遺言者本人が全文を書いて残すもの。


メリット

  • いつでも自由に書くことができて、作りやすい。
  • 作成方法が比較的簡単。
  • 遺言の内容を誰にも知られない。
  • 費用がほとんどかからない。


デメリット

  • 形式や内容の不備により、法的に無効になる可能性がある。
  • 偽造・紛失・盗難のおそれがある。
  • 保管場所の問題で発見されない場合がある。
  • 開封時、家庭裁判所の検認手続が必要になる。


※検認手続とは

  • 相続人に対し、遺言書の存在とその内容を知らせる。
  • 遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造変造を防止する。
  • 家庭裁判所の検認が済んでない遺言書は効力はありません。
  • 検認しないと5万円以下の過料となります。
  • 検認をしてもらうまでには申請して1~2ヶ月ほど掛かる。

公正証書遺言とは

公証人の面前で、証人の立ち会いのもとに遺言内容を口述したものを筆記してもらうもの。遺言者は、自身が選んだ証人2人以上を立会人として、公証人の目の前で口述します。
公証人は遺言者が述べた遺言の内容を正確に文章化し、遺言者と証人が確認した後、遺言者、証人、公証人で署名押印すれば完成です。

メリット

  • 作成を公証人が行うので法的に確実で安心。
  • 原本を公証人が保管するので紛失や改ざんのおそれがない。
  • 家庭裁判所の検認が不要。
  • 読み書きが難しい状態でも、遺言することができる。


デメリット

  • 作成手続きに時間がかかり、公証人の手数料などの費用もかかる。
  • 遺言の存在とその内容について、少なくとも公証人と証人には知られる。
  • 証人の立ち会いが必要となる。
  • 費用がかかる。

安全確実に遺言を残すという場合、公正証書遺言に軍配があがるといえそうです。