相続人と被相続人の関係は、民法によって定められており、この基本的な相続を法定相続といいます。
遺言書もなく、遺産分割協議もしなかった場合は、この基本的な法定相続で相続をすることになります。

 民法で定められている相続人と、 その相続する順位(後順位の人は、 先順位の人がいないときに相続人となります)、 並びに法定相続分 (同順位の者が複数いる場合の各自の相続分は均等になります) は次のとおりです。

相続により遺産を引き継げる人は? 法定相続人
全体のどれだけ引き継げるのか? 法定相続分

相続人となる順位
配偶者 常に相続人となる
子 ( 養子も含む ) 第1順位、配偶者とは同順位
直系尊属 ( 父母、祖父母等 ) 第2順位、配偶者とは同順位
子や孫(直系卑属)がいれば相続人にはならない
兄弟姉妹 第3順位、配偶者とは同順位
子や孫(直系卑属)がいれば相続人にはならない

法定相続分
配偶者と子が相続人の場合 それぞれ2分の1
配偶者と直系尊属が相続人の場合 配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合 配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、 父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とされています。なお遺産分割協議をした場合や、遺言書がある場合は、相続分はもちろん変わります。

嫡出子とは
婚姻関係にある男女から生まれた子供のことをいいます。(婚姻関係にない男女から生まれた場合にも、嫡出子として扱われることもあります。)
いろいろな例外的扱いがあります。

被相続人の遺産を1800万円とした場合で考えてみましょう!

配偶者と子がいる場合
法定相続人・・・配偶者・子1・子2
配偶者 遺産の1/2 900万円
子1 遺産の1/4 450万円
子2 遺産の1/4 450万円
子の相続分・1/2を子の人数で等分する。
親、兄弟は相続人にはなりません。

配偶者と親がいる場合(子がいない)
法定相続人・・・配偶者・親1・親2
配偶者 遺産の2/3 1200万円
親1 遺産の1/6 300万円
親2 遺産の1/6 300万円
親の相続分・1/3を親の人数で等分する。
兄弟は相続人にはなりません。

配偶者と兄弟がいる場合(子も親もいない)
法定相続人・・・配偶者・兄弟
配偶者 遺産の3/4 1350万円
兄弟 遺産の1/4 450万円
兄弟の相続分・1/4を兄弟の人数で等分する。


配偶者がいない場合は、それぞれのパターンから配偶者を除いたものが法定相続人になります。