相続といっても、プラスの財産を引き継ぐ場合だけではなく、マイナスの負債が多く残される場合もあります。

【民法896条】
相続人は相続開始の時から、被相続人の一身に専属したものを除いて、被相続人の財産に属した一切の権利や義務を引継ぎます。

                            
これはどういう事かと言うと、借金などのマイナスの財産も一緒に相続することになるのです。
すべてそのまま相続する事を単純承認といいます。自分が相続人になったことを知った時から3ヵ月間何も申請しなければ、単純承認したことになりますので、被相続人の借金だらけの財産をそのまま相続してしまうという場合もあるのです。

被相続人が生前負っていた借金や、連帯保証人としての責任などもすべて承継することになります。
そのため、被相続人が多額の借金を負っている場合、それを常に相続人が引き継がなければならないとすれば、大変酷な話です。
実際、親に借金があることを知らずに相続をしてしまったがために、破産するケースもあります。
そのため、日本の民法は、相続人が自分の意思によって相続するか(承認)しないか(放棄)を 決めることができることにしているのです。
ですから、マイナスの財産は引き継ぎたくない!とお考えの人は、相続の放棄をお勧めします。

ただ、相続放棄は必ず家庭裁判所に申述書という書面を提出して行う必要があります。それをしないで、ただ「放棄しました」などと言っても、債権者から借金の返済を迫られた場合、この放棄を理由に拒否することはできませんので、注意しましょう。


相続放棄の手続き

自分が相続人になったことを知った時から、3ヵ月以内に家庭裁判所に申述すれば、相続の放棄ができます。

※ただし相続の放棄は相続開始前にはできません。

申立てに必要な添付書類は

  • 申立人の戸籍謄本(1通)
  • 被相続人の除籍(戸籍)謄本、住民票の除票各1通

相続放棄の申立てにかかる費用

  • 申立人1人につき収入印紙800円分 (収入印紙は郵便局で購入できます。)
  • 連絡用の郵便切手(数百円分。これは裁判所によって異なるため、申立先の家庭裁判所に直接確認して下さい。)

  

申立用紙は、家庭裁判所にありますので、もよりの家庭裁判所で取り寄せることができます。