銀行預金の名義変更

相続人が銀行預金の名義変更をする場合

金融機関は預金者の死亡を知った時点で口座を凍結を行います。口座振替の契約などがある場合には、口座振替も停止します。
原則として、遺言書、遺産分割協議書、調停調書もしくは審判書によって預金を預金を取得することになった者または相続人全員が合意して、預金の名義変更または預金の払い戻しの手続きを行わなければなりません。
名義変更、払い戻しには遺産分割協議がなされているか、相続人全員の合意があることが必要ですが、その前提として預金残高を確認するために、金融機関に残高証明書を発行してもらいます。
残高証明書の請求は相続人の1人で行うことができます。
預金口座の名義変更のポイントは、被相続人の預金口座がある金融機関に対し、残高証明書の発行を依頼した上で、その金融機関に名義変更の届出をすることです。

また相続税申告の際にも、残高証明書を提出する必要がありますので、たとえ遺言書があり、遺産分割協議の必要が無い場合でも、預金口座のある金融機関か口座名義人が死亡した日現在の残高証明書を受け取っておくのがいいでしょう。
そして、残高証明書の請求、名義変更の届出に必要になるのが戸籍謄本になります。

預金の名義変更手続き、払い戻し手続きが出来るのは以下場合

被相続人お預金口座の名義変更手続き、または払い戻し手続きが行えるのは、①預金の相続に関する遺言書が存在する場合②遺産分割協議書が作成されている場合③遺産分割の調停調書がある場合④遺産分割の審判書が確定している場合⑤法定相続人全員の合意がある場合です。
ただし⑤の場合は、名義変更は出来ず、払い戻しの手続きのみ行うことができます。

残高証明書と名義変更の届出の必要事項

作成書類 残高証明書
添付書類 被相続人の除籍謄本(除籍全部事項証明書)
相続人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
相続人尾印鑑証明書
提出時期 随時
提出者 法定相続人
提出先 預金口座のある金融機関
提出費用 金融機関の定めるところ
作成書類 預金口座の名義変更の届出書
添付書類 遺言書(遺言検認調書謄本)
相続人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)、除籍謄本(戸籍全部事項証明書)
改製原戸籍謄本(出生から死亡までのもの)
相続人全員の戸籍謄本および印鑑証明書
相続人関係表
遺言執行者の印鑑登録証明書
預金通帳・届出印・キャッシュカード
(各種提出書類と記入例のサンプルはこちら)
提出時期 随時
提出者 相続人
提出先 預金口座のある金融機関
提出費用 なし

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク