遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは、相続人全員の合意で被相続人(亡くなった方)の遺産の分け方を決めることです。

遺産分割協議書とは、遺産分割協議の内容を書面にして相続財産の決着をさせることをいいます。
被相続人(亡くなった方)が遺言書を残していれば、原則は故人の遺志に従い遺言書の通り遺産を相続していきますが、相続人全員で決めれば違う分け方も可能です。

家族で窓辺

遺言書が無かった場合は、被相続人(亡くなった方)の財産は、亡くなった瞬間に法定相続人全員の法定相続分の割合で共有していることになります。

ここで、不動産の場合で考えてみると、たくさんの相続人で共有しているとなると、売却する際には、共有者全員の合意が必要になります。
法律上、自分の持分(例.10分の1)だけ売ることもできますが、現実には(例.10分の1)だけ買いたいという人は、まずいませんので、共有者全員の同意が必要になります。

そのような後々の不都合を考えると、不動産を相続する人を相続人の中から1人決めて、不動産を相続しない相続人は不動産以外の遺産を相続するとしたほうが、将来のことを考えると良いかもしれません。
不動産がいくつかあれば、「すべての土地を相続人全員が少しずつ持っている」というよりは「この土地は長男、あの土地は次男」と分かれていたほうが不動産を処分しやすいのです。

またこの相続人全員で共有している状態が長く続くと、この相続人の中で亡くなる方も必ずでてきます。そうなった場合、その亡くなった方の相続人が共有分を引き継ぎますので、非常にややこしく複雑になります。

そのようなトラブルが将来おきないようにする為や、名義変更手続きに必要もある為、遺産分割協議を行なって相続人全員で誰が何を相続するかを決めていきます。
そして、相続人それぞれが何を相続するのか決めて書面にしっかりと記して記名押印(実印)します。
この遺産分割協議が整い、名義変更等の手続きが済めば、各人が思い通りに財産を処分する事ができるようになります。

もし、相続人同士でモメてしまって遺産分割協議が進まない場合は、家庭裁判所に申し立てをして遺産分割を進めていく調停分割と審判分割という方法があります。

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク